ポケモンスマイルで歯磨きをすると・・・わが子の場合は大成功!

みなさんお久しぶりです。うめんちゅ(@umentyu_01)です。しばらく間が空いてしまいましたが、またブログを再開したいと思いますのでよろしくおねがいします。

仕事が変わって新しい生活のリズムも整ってきたので、再開したいと思います。

このコロナの時代で テレワークで自宅にいることが増えたお父さん達も多い かと思います。

自宅にいると子どもと接する時間が増えますよね。家族の時間が増えることはとても良いことかと思います。

・・・が楽しいことばかりではないはず。

子どもって歯磨きを嫌がりますよね。特に親が磨こうとすると逃げ出します。かといって本人にやらせるとどうしても磨き残しが気になります。

そんな歯磨き嫌いの子どもに歯磨きを楽しい時間に!
スマホを使って楽しく歯磨きができる!

そんな子どもを育てる親にとっては、とてもうれしいアプリ

ポケモンスマイル

ポケモンスマイル

The Pokemon Company無料posted withアプリーチ

このアプリを実際に使ってみての感想を紹介したいと思います。

ポケモンスマイルのおかげで、子どもが積極的に歯磨きをしたいと言ってくるようになりました!

我が家でのポケモンスマイルのスタイル

まず我が家の紹介をします。

我が家の歯磨き事情
  1. 7か月
  2. ある程度のことは自分でできるようになってきましたが、細かい作業はまだまだ
  3. 我慢も苦手

ポケモンスマイル以前

まず歯磨きが痛いと泣き出します。我が家では子ども用の電動歯ブラシを使用しているので、そんなにゴシゴシしていません。それでも嫌がります。

親としては歯磨きがし難いので、 妻と歯磨き担当の押し付け合いになったりもします。

逃げ出したいくらい面倒なんです…。
(ちゃんと磨くけど)

ポケモンスマイル後

子どもから

ポケモン歯磨きやるー!!

っと急にやる気になりました。

ポケモンスマイルの操作中はじっとしている時間が長いので、歯磨きがしやすいです。

そして親のストレスも減ります。

おそるべし、ポケモン…

それなら早速、ポケモンスマイルをダウンロード。

・・・っと思うかもしれませんが、まだ待ってください!

実はただ歯磨きをしても全然ポケモンが捕まえられません!

なのでテクニックを紹介しますので、必ず最後まで読んでください!

ポケモンスマイル

ポケモンスマイル

The Pokemon Company無料posted withアプリーチ

ポケモンスマイルテクニック

1.本磨きを先に行う

我が家では、まず本磨きを行います。

本来このゲームの手順としては

  1. 子どもにポケモンスマイルをしながら自分で歯を磨いてもらう
  2. 親が仕上げ磨きを行う

っとなっていますが、 この手順だと子どもが2の作業を結局嫌がります。
なので親は疲れてしまいます。

我が家では 手順を逆 にして

  1. 親が本磨きを行う
  2. ポケモンスマイルでゲームをしながら歯磨きをする(ふりをする)

っとなっています。詳細については順番通り説明します。

親がしっかり磨きながらポケモンスマイルをプレイすることはまず不可能かと思います。

なので子どもには着せ替え帽子のARで遊ばせたり、ポケモン図鑑を見せたりしながら歯磨きをします。

子どもも歯磨きの時だけこの画面を操作できるので、ゲームができなくても喜んでいます。

それに後でゲームができる為、我慢してじっとしていくれます。

体制はこんな感じ

親がスマホを持ちながら、子供が自分で操作する感じです。

2.磨き終わってからゲームをする

大好きなポケモンを捕まえられるので、子供は1の作業を我慢していてくれます。

なのでしっかり磨くことができます。

この作業は子どもを座らせて、親がスマホを持ちながら歯を磨きます。

しかもこの歯を磨く作業はフリでOKです。

インカメラが歯磨きをしていると認識してくれていればよいです。

実際にはこのポーズです。

この姿勢で口の中に歯ブラシを入れて、画面を見ながら歯磨きをするのは危険かと思います。

実際に歯を磨く良いかもしれませんが、お勧めはしません。

子どもがもう少し大きければ、自分でやらせてからでもよいかもしれません!

3.写真選びを子どもにやらせる

ポケモンスマイルはゲーム終了後に、ゲームプレイ中に自動で撮影された写真をフレームを変更したり、シールを張ったりして編集することができます。

ゲーム終了後にも楽しみを持たせることで、よりポケモンスマイルを好きになってもらいます。

うちの子は楽しそうに写真を編集しています。

かっこよく編集するのが楽しい!

4.捕まえたポケモンを見せる

歯磨き後や、ふとしたタイミングでつかまえたポケモンを見せます。

何かを捕まえる人間としての狩猟本能からなのか、じっと見ていたりもします。

辛いことを我慢すれば、楽しいことやうれしいことがいっぱいあると思って子どもは頑張れるのです。

すこし我慢ができる年齢であれば、大丈夫なはず!

我慢が苦手な僕でも、なんとかやれているからね!

しかしまだまだリリースされたばかりのアプリなので、不満点もそれなりにあります。

ポケモンスマイルの不満点

1.歯磨きの認識がイマイチ

これは仕方がないのかもしれませんが、所詮インカメラで撮影しているので、反応が悪い時があります。

カメラで歯ブラシの動きを認識しているようなので、 電動歯ブラシの動きには反応してくれません。

最近は子ども向けの電動歯ブラシも増えてきたので不満に思う人も多いと思います。

歯ブラシ上下、左右の動きを認識しているようです。

電動歯ブラシに慣れると、普通の歯ブラシだと磨き残しがあるのではないかと気になってしまいます。

2.子どもの腕の長さにあっていない

子どもに持ってもらいながら、歯を磨こうと思っても子どもの腕の長さでは反応してくれません。

どこかに置きながらやるにしても、子どもの歯磨きをする時は横になってもらった方がやりやすいので、置きながらやるのは難しい。

自分で洗面台の前に建てるくらいの年齢なら良いのかもしれませんが。

3.子どもに自分で磨かせてもポケモンを捕まえられない

これは年齢にもよるのかもしれませんが、3歳7か月の子どもではまだまだ自分で磨くのは未熟です。

なので子ども本人にやらせても、カメラとの距離感もうまく取れないし、画面を見ながら歯ブラシをどう動かせばいいかってのはわからないので、カメラが認識してくれません。

結果、親が磨いてあげるしかありません。

4.あくまで歯磨きの習慣をつけてもらうだけ

どんなに子ども自身に磨いてもらっても、親が仕上げ磨きをしなければなりません。

っとなると、 結局仕上げ磨きを子どもが嫌がることになります。

これでは親にとってはあまり意味がありません。

なんだかポケモンスマイルをディスっているように聞こえるかもしれませんが、総合的には良いアプリです。

5才くらいになれば、もう少し楽ができるかもしれません!

まとめ

ポケモンスマイルのまとめ
  1. 本磨きを先に行う
  2. 磨き終わってからゲームを行う
  3. ゲーム後の写真選択は子どもに選ばせる
  4. 捕まえたポケモンを見せる

現在子どもの親になっている世代は、初代ポケモン世代です。 ポケモンスマイルに出てくるポケモンも初代ポケモン なので、とても親近感があります。

(制作側のねらいなのでしょう)

実際のゲームの目的とは違ったところに行ってしまっていますが、我が家では子どもが歯磨きを嫌がらなくなり、本当に助かりました。

151匹捕まえるまでは、継続できそうです!

コメントを残す